スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.21 Wednesday  | - | - | 

旭川醤油ラーメン | 味源

人気ブログランキングへ

旭川醤油ラーメン | 味源

クリックで拡大表示

注文品/旭川醤油ラーメン(¥650)
評価/★★★★★★★☆☆☆[7/10]
店舗情報/「味源」の情報ページへ

2010.01.05 Tuesday 06:30 | comments(0) | - | 

辛胡麻つけ麺 | つけ麺道「たけし」 - 要町

人気ブログランキングへ

辛胡麻つけ麺 | つけ麺道「たけし」 - 要町

クリックで拡大表示 クリックで拡大表示

注文品(1)/辛胡麻つけ麺(¥800)
注文品(2)/醤油ラーメン(¥700)
評価/★★★★★★★★☆☆[8/10]
店舗情報/つけ麺「たけし」の情報ページ
コメント/なんかラーメンネタ続きますが、懲りずにラーメンネタで!
今回紹介するのは、池袋近く「要町」のラーメン店「つけ麺道 - たけし」。
店内はカウンター席しかないせいか、10分近く外で待たされ、ようやく入店。
そこから、麺を湯がく時間が5分以上かかるとのことで、「計15分」待たされました。

麺はコシのある「太麺」・・・5分の湯がき時間にも納得!スープのベースは魚介風味でしたが、辛胡麻をオーダーしたので、そっちの味に引っ張られた感じ・・・。胡麻の風味がなんとも香ばしい!
回りを見ると、「野菜つけ麺」を注文してる人が多く、女性やお年寄りの方も結構いました。 量は少々多めですが、店員さんの接客も悪くなく結構おすすめのお店ですね。

ということで、今日は胡麻に含まれる栄養素として「セサミン」について紹介します。
胡麻1粒には、約1%ほどのセサミンが含有されており、1日の摂取目安(約10mg)を満たすには、約3,000粒の胡麻を食べる必要があります。最近はサプリなどからセサミンを摂取する人も増えています。

セサミンには、「抗酸化作用」があり、この抗酸化作用は、「美容・老化防止」、「悪玉コレステロールの抑制」、「動脈硬化の予防」などの効能があります。
また、肝機能向上効果もあり、お酒(アルコール)に含まれる毒性物質(アセトアルデヒド)の分解を促がす効能もあるため、2日酔いを頻繁に起こす人には効果的かも。
ちなみに、お酒を飲むと体温が急激にさがりすぐに眠つきがよくなりますが、そのまま睡眠をとるのは健康上良くなく(アセトアルデヒドが体内に蓄積するため)。お酒を飲む場合、最低3時間は睡眠を我慢し、アセトアルデヒドが完全に分解されてから睡眠をとる方が良いようです。

2009.12.16 Wednesday 06:30 | comments(0) | - | 

魚介風味つけ麺 | 麺屋「えん寺」 - 東高円寺

人気ブログランキングへ

魚介風味つけ麺 | 麺屋「えん寺」 - 東高円寺

クリックで拡大表示 クリックで拡大表示 クリックで拡大表示

注文品/魚介風味つけ麺(¥760)
評価/★★★★★★★☆☆☆[7/10]
コメント/東高円寺の駅前(※地下鉄丸の内線)にあるつけ麺専門店「えん寺」。
店内の一番人気メニューが「魚介風味つけ麺」であったため、早速注文。

麺は、太麺でありながら、蕎麦麺のような色で、小麦の風味を生かした「胚芽麺」を使用!スープは魚介(カツオ出汁)の香ばしい風味にとろみがかった仕上がりで、もちろん後で「スープ割」ができます。

そういえば最近行く、つけ麺店の「スープ割」って、ピッチャーに入ってるので、水と間違えて思わず飲みそうなりますね(・・・って、この日、間違えて少し飲んだんですが)

2009.12.15 Tuesday 06:30 | comments(0) | - | 

つけ麺[全部盛り] | 光麺(こうめん) - 池袋

人気ブログランキングへ

つけ麺[全部盛り] | 光麺(こうめん) - 池袋

クリックで拡大表示 クリックで拡大表示 クリックで拡大表示 クリックで拡大表示

注文品(1)/つけ麺[全部盛り](¥990)
注文品(2)/シソ餃子(¥300)
評価/★★★★★★★★☆☆[8/10]
店舗情報/「光麺」の情報ページ
コメント/池袋西口にあるつけ麺専門店「光麺(こうめん)」。 注文してくるなり「あれっ?スープがない?」・・・と思いきや、具の器の下にスープが隠れていました。
麺は弾力のある「太麺タイプ」、スープは、「豚骨ベースの醤油風味」。 具は、「味付け卵」、「海苔」、「青菜」、「炒めネギ」、「角煮」、「焼き豚」、「メンマ」に加えて、他店ではあまりない「ガーリックチップ」がお好みでのせれるようになっています。
後味が以外とさっぱりしていたのが印象的。

そして、「紫蘇(シソ)餃子」ですが、これは、普通の焼き餃子に「紫蘇(シソ)の葉」を混ぜた一品。

というわけで、今回は「紫蘇(シソ)」の由来を!紫蘇という漢字は、葉の色が「紫」であることと、その香りの豊かさ(ペリルアルデヒド成分)で人を蘇らすというとこから「紫蘇」という名が付いたようです。
そして、その香りもさることながら、一番の効用は食べ物への「防腐作用」で、刺身などについてくる紫蘇は、食中毒などを防止するために使用されています。
また、紫蘇には青紫蘇赤紫蘇があり、特に青紫蘇には「カロチン」と「カルシウム」が多く含まれ、カロチンの量はかぼちゃの10倍の「11000ug/2000IU(国際単位)」の含有量があるとか。
カロチンには、「がん予防」、「眼精疲労改善」、「老化防止」、「美肌効果」があるので定期的に摂取したい栄養素の1つ。
ちなみに、赤紫蘇の赤みは梅干しの「クエン酸」成分によるもの!

2009.12.12 Saturday 06:30 | comments(0) | - | 
 | 1 / 11 PAGES | >>