スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.21 Wednesday  | - | - | 

オラクルプラチナ試験とデータベース特別授業

[ IT情報 ]
オラクルマスター10gプラチナ

最近グルメネタが連続したので、久々にIT情報ネタを!!
今回は、オラクルマスタープラチナ試験とデータベース講座の告知などを・・・。

オラクルといえばデータベースの中で最も普及している製品です。身近なところだと銀行ATMや病院の予約システムなどで利用されています。国内の大手企業でもNEC、NTT、リクルートなど多数の採用実績があります。

オラクルマスター試験は、オラクル製品の技術力と知識を認定する資格です。難易度によりブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナというすみわけがあります。

私も昨年ゴールドver.10gまで取得したんですが、最高ランクであるプラチナはまだ取得していない状態。
とにかく難しい試験であり、日本国内でも、

◆9i(Platinum)の合格者が150名前後
◆10g(Platinum)の合格者が40名前後


と完全実技試験による非常に合格者の少ないIT試験です。
また試験費用も半端なく、受験するのに最低でも65万円(講習2科目+実技試験料)かかる高価な試験でもあります。

実機テストってこともあり、暇があればオラクルインストールしていじったりしてるんですが、なんと今日は現役オラクル社の社員であり「オラクルマスター・プラチナ9i」取得者の生徒さんにお会いすることができました。


そんなわけで、早速もってオラクルプラチナ話に花が咲き。次のようなやり取りに・・・。

(※以下、オラクルプラチナ試験情報を議事録風に☆■赤字は生徒さんです。)


■ORACLE MASTER Platinum試験話

「プラチナって2日間ぶっ通しでSQL叩く試験と聞いたんですが」

「その通りです。たいへんでした〜(苦笑)」

「やっぱ噂どおりですね。そういえば、リカバリやバックアップのシナリオも当然試験に組み込まれてるはずですが、RMANコマンドって全部覚える必要あるんですか?」

「マニュアルが一応ついてるので全部覚える必要ないです!ただ、マニュアル全部英語なので死にましたが・・・」

「やっぱ英語何ですね〜!。そういえば、本試験ってローカルサーバ2台(UNIX)とアメリカにあるリモートサーバー2台(Linux)の計4台で行われるって聞いたんですが・・・!」

「それは、たぶん10gの場合です。データウェアハウス構築のシナリオとかあるので・・・。9iはローカルだけの実施でしたが、そのかわり、10gみたいにOEM(GUI)が使えないので全てコンソール作業でした。」

「なるほど、たしかにデータウェアハウスのシナリオなら、ストリームレプリケーションやDataPumpで使うかも。あとは、リスナーフェイルオーバー接続でリモートサーバーを使いそうですね。って、9i試験はGUI使えないからほんと酷っすね。」

「そうですね、10gならRAC構築時のASMインスタンス構成なんてもろにそうじゃないですか。私は9i試験だったのでRACはなかったんですが・・・。」

「ASMですか!GOLD10gでもインスタンス構成からやった記憶が・・・復習しなくてわw。やっぱ、プラチナ10gも今後受けますか??」


「いえ、プラチナ試験はもう、2度と受けたくないないです(苦笑)」


■ORACLE11gリリース話

で、その後は間もなくリリースされる「Oracle11g」の話を伺ってみることにw

「そういえば今夏リリースされるver11gってオンライン・ホット・パッチングが目玉ですよね」

「そうですね、DBAに取っては嬉しい措置かもしれません。」

「たしかに、また1つ仕事が楽になりそう。楽になるといえば、11gからは、10gまでのFlashback機能を拡張したFlashback Data Archive技術に対応し、選択したテーブルの変更履歴を長期に渡ってアーカイブできるようですね。ヒューマンエラー対策に最適かも!」


「そうなんですよ。そこも拡張されたとこです・・・ってそれにしても情報収集早いですね!うちきません!?」

「え!!・・・へ、ヘッドハンティング(笑)・・・・(汗。と、ともかく11gの営業活動ってもう始まってますか?Release3でたばかりだけど、どうなんでしょう」

「そうですね〜、これからです(^^」

とかなんとか冗談話を交えつつ、オラクル話でかなり盛り上がりました。

それにしても、やっぱPlainumは難しいみたいです。正確なオーペレーション技術に加えて瞬時に英文翻訳できるくらいのスキルを要します。う〜ん、まだまだこれからがんばらなくてわ!!で、プラチナまで取得したら、行き着く先としては「Oracle Excellent Instructor of the Year賞」とかも目指してみたいっすね!



■データベース特別授業告知

というわけで、今月末にデータベース特別授業を実施します。前回TCP/IPやったんですが、やっぱネットワークより直感的に分かるDBの方がやりやすいです。

内容としては『データベースって何?』ってくらいのところから開始するので、WEB講座を受講していてデータベースも知っておきたいという方にもおすすめ。授業内容詳細は以下になります。

▼タイトル
『初心者歓迎!データベース特別講座』

▼場所/日時
蒲田校/5月27日(日)13:00〜(※若干の延長あり)


▼対象生徒
 ・データベース講座受講者でSQLを基礎から復習したい方
 ・WEBプロ受講者でデータベースに興味のある方

▼内容(授業フロー)
初めてデータベースに触れる方を対象としたもので、以下のようなシナリオで講義とSQL演習を検討しています。

【講義内容】

・データベースとは何か
・身の回りで利用されているデータベース
・情報とデータの違いとは
・オープンソース製品とベンダー製品
・WEB2.0におけるデータベースのニーズ
・DBAとWEBプログラマーの仕事
・オラクルマスター10g試験概要


【SQL演習内容】

Oracle10gSQL基礎汽譽戰襪隆蔽韻SQLコマンド演習後に時間があれば、WEBアプリケーションでデータベースを動かすところまでを予定しています。(※MYSQL使用)

・リレーショナルデータベースの説明
・SELECT文
・データ制限ソート(ワイルドカード検索など)
・単一行関数/グループ関数
・表の作成(DDL)とデータの挿入/更新/削除(DML)
・トランザクション制御(COMMIT/ROLLBACK)
・オブジェクトの追加(制約・索引)
・WEBアプリケーション上でのデータベース操作

※時間制約があるので若干内容に変更があるかもしれません。

今回のSQL演習で使用するMYSQLサーバは、こちらで作成したブラウザ上でシェル操作できるWEBアプリケーションを使用するので、MySQLアカウントを取得してない方でも大丈夫です。(※以下SQLアプリケーションのサンプルです)


SQLコマンド演習アプリ
2007.05.12 Saturday 09:46 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< 銀座MIKIMOTO/マンゴーフルーツプリン | main | カシスミルクと名古屋名物手羽先 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2010.04.21 Wednesday 09:46 | - | - | 
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/13 10:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/13 10:21 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/14 6:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/27 2:22 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/28 12:55 PM |