スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.21 Wednesday  | - | - | 

70-680 MCTS:Windows7 認定試験 - 合格

[ IT情報 ]
人気ブログランキングへ

70-680 MCTS:Windows7 認定試験 - 合格

クリックで拡大表示 クリックで拡大表示 クリックで拡大表示 クリックで拡大表示

業後に久しぶりにIT試験を受けてきました。今回受験したのは、マイクロソフトが主催している「Windows7の管理試験」
先週販売されたばかりのWindows7を対象とした認定試験で、最新技術を一早く習得したかったこともあり受験を決意!・・・といってもRC(候補)版は結構前々からダウンロードして触れていたので一通りの実機演習は事前にこなしていました。

今回の試験は問題から解答まで全て英語による出題。
(この時点でまだ日本語版の試験が開始されていなかった為・・・)
英語といってもコンピュータ用語の大半は英語なので逆に分かりやすかったかも。
ちなみに日本語の試験対策教材がないのでAmazonで「Windows7の教科書(洋書)」を購入!なんか、CCIEに向けた英語の勉強も兼ねてできたので一石二鳥かも。
それにしても今までいくつかIT試験は受けたんですが、割合として「サーバOS」や「ネットワーク機器関連」が多いせいか、こうした「クライアントOS」の資格を受けるのは初だったりします。普段から利用しているからと軽視してたんですが、未だ知らない用語や便利なツールなど勉強できたので「知識の再確認」という意味でも良い試験でした。

また、Vistaの売れ行き低迷と打ってかわり、「7」は価格も安価で全体のパフォーマンスが安定したOSとしてそこそこ売れ行きも伸ばしてるので、今後の企業ニーズも増えそう。

Windows7の体験ページはこちら

70-680 MCTS:Windows7 - 対策ポイント

Windowsの資格なんで普段の業務(XPやVista等でも可)で、ディスク管理、ネットワーク環境構築やリモート操作、アクセス制御、ポリシーの作成、バックアップは必ずやっておいた方がいいです。
ただし、サーバOS(ActiveDirectory)絡みのものもあるのでクライアントOSと絡めた、Winサーバ(2003また2008)あたりの知識は抑えておくことをお奨めします。
中でも、IE8(InternetExploere8)の機能は勉強していて楽しかったですね。

試験時間は「3時間30分」で、出題数は「65問」と結構多いですが、時間は十分にある(2時間40分くらいで一通り終わりました)ので、文章をじっくり読んで状況(何について問われているか)を判断できれば、そんなに難しい試験ではないです。
以下、用語などの参考サイト。

Windows7 TechNetページはこちら

2009.10.30 Friday 06:30 | comments(0) | - | 
<< 中華定食 | 中国料理「鳳鳴春」 - 東京八重洲地下街 | main | シーフードカレー | 欧風カレー「Iry(アイリー)」 - 松江シャミネ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2010.04.21 Wednesday 06:30 | - | - |